Back to Top

代表理事 木村俊昭 プロフィール

略歴

木村俊昭(きむらとしあき)

北海道生まれ。慶應義塾大学大学院博士後期課程単位取得。
1984年小樽市入庁。財政部、議会事務局、企画部、総務部秘書課を経て経済部へ。産業振興課長、企画政策室主幹(プロジェクト担当)、産業港湾部副参事(次長職)。⑴産業・歴史・文化を徹底的に掘り起こし研き世界に向けて発信するキラリと光り輝く「まち育て」、⑵未来を担う子どもたちに愛着心を育む「ひと育て」を信条に、「斜陽のまち」と呼ばれていた小樽市の地域創生に奔走。寿司屋のヒアリングによる寿司評価基準の作成(知り気づきの機会創出)、小学生5~6年生対象の加工・販売体験のキッズベンチャー塾(愛着心の創出)、まちの語り部養成から三世代まち並み産業散歩(地域人財の養成と定着)、全国初の歴史的建造物を活用したライトアップ事業(あるもの探しと研きの実践行動)のほか、老舗ガラス工房の誘致(新技術の導入)などにより、地場産業振興や地元のものづくり職人による「ガラスのまち・小樽」を確立し、産業観光都市としての地域ブランド化を推進。「地域創生の主役は地元の汗する人たち」という視点を大切に、広聴・傾聴・対話による指標(ものさし)の策定や、⑴実学・現場重視の視点、⑵全体最適思考による地場産業の実態調査や⑶ストーリー性(希少性・物語)ある着実な施策を実施し、小樽市の「ひと育て」「まち育て」を実現。

2006年からは内閣官房・内閣府企画官(地域活性化担当)として、主に地域再生策の策定、地域再生制度の事前・事後評価、地域と大学の連携、政府広報活動などを担当。地方再生戦略は九州圏・沖縄県担当。内閣府経済社会総合研究所特別研究員として地域活性化に関する調査研究を担当。
2009年からは農林水産省企画官として、主に農林水産業を中心とした地域活性化、地域の担い手養成、農商工連携・6次産業化などを担当。

現在は、東京農業大学総合研究所 教授・博士(経営学)、内閣官房シティマネージャー、一般社団法人日本事業構想研究所代表理事、日本地域創生学会会長、実践総合農学会理事、地域創生木村塾長、地域創生リーダー・プロデューサー人財塾長、スーパー公務員塾長などとして、大学・大学院講義(地域ビジネス論・企業論・地域活性化システム論・演習)のほか、⑴実学・現場重視の視点、全体最適思考による「実践人財塾」の開塾(地域リーダー・プロデューサー養成)、⑵「五感六育®(知育・食育・木育・遊育・健育・職育)」の推進(バランスよい環境形成)、⑶「仕事環境の改善(時短、イベント・会議・事業見直し、0歩環境等)」を実践中。また、広聴・傾聴・対話によるストーリー性(脚本)ある総合計画・総合戦略等の改定・改正や、国内外にて地域創生講演・現地アドバイスを実施中。地域創生に関する書籍、アニメ(5分)・絵本の作成、作曲・作詞のほか、現在、地域創生に関する脚本や小説を執筆中で映画化の予定。

人事院主催国家公務員(キャリア入省3年目・本省係長・課長補佐)研修講師、市町村アカデミー・自治大学校研修講師、中小企業大学校(東京校)、消防大学校(幹部職員)研修講師、全国地方銀行協会・全国信用金庫協会主催役員研修講師などを担当。
北海道大学、新潟大学、東北大学、東京大学、東京農工大学、早稲田大学、慶應義塾大学、富山大学、大阪大学、神戸大学、島根大学ほか講義・講演講師、農林水産省食のモデル地域構築計画選定委員会副委員長、公益社団法人日本青年会議所アドバイザー・褒賞委員兼地域プロデューサー育成塾長などを歴任。
NHK番組プロフェッショナル「仕事の流儀 木村俊昭の仕事」、新報道2001、BSフジプライムニュース、テレビ東京「たけしのニッポンのミカタ!」、TBS 黒柳徹子・爆笑問題「キズナ食堂」、ラジオ日本ほかに出演。

単著「『できない』を『できる!』に変える」(実務教育出版)、「自分たちの力でできる『まちおこし』」(実務教育出版)、「地域創生 成功の方程式-できる化・見える化・しくみ化-」(ぎょうせい)、単著「地域創生 実践人財論-真心・恕・志ある汗かき人たち-」(ぎょうせい)、共著「人間関係づくりとコミュニケーション」(金子書房)ほか多数。月刊誌「毎日フォーラム(2014年10号~)」ほかに地域創生の現場を連載中。
※2020年3月25日、単著「地域創生の本質」を出版し、実学・実践テキストとして実践人財塾や「五感六育®」事業を展開中。同年8月に「地域創生を親子で考える絵本」や、「地域創生 事業承継の真実」(仮題)、2021年3月には「(新)大学・大学院の選び方」(仮題)を出版予定で準備中。

☆「地域創生講座」は、2020年度から東京農業大学(前期・後期)、東京大学大学院(後期)にて開講し、地域創生リーダー・プロデューサー人財を養成します。

(参考)日本地域創生学会 2020年8月29日(土)13時~ 総会・研究大会(恵庭市・北海道文教大学)にて1500名規模で開催予定。来賓挨拶・講演は、文部科学省の芦立訓文部科学審議官、基調講演は独立行政法人都市再生機構 中島正弘理事長(元復興庁事務次官)、厚生労働省 大臣官房 迫井正深審議官、ICTエヴァンジェリスト 若宮正子氏、分科会(行政・経済・社会・地域創生リーダー)では全国の首長ほか、実学・現場重視の産官学金公民の皆さんが発表予定。
日本地域創生学会HP

研究分野

  • 地域創生学
  • 地域ビジネス論
  • 企業論
  • 戦略的システムデザイン・マネジメント論
  • 地域活性化戦略論
  • 地域産業経営論

著書

  • 『地域づくり新戦略 -自治体格差時代を生き抜く-』(第7章を執筆・一藝社)
  • 『地域ブランドと産業振興 -自慢の銘柄づくりで飛躍した9つの市町村-』(第1章を執筆・新評論)
  • 『「できない」を「できる!」に変える』(実務教育出版)
  • 『自分たちの力でできる「まちおこし」 -18の地域で起きた小さな奇跡-』(実務教育出版)
  • 『知られざる日本の地域力』(第4章を執筆・今井出版)
  • 『地域創生 成功の方程式 -できる化・見える化・しくみ化- 』(ぎょうせい)
  • 『地域創生 実践人財論 -真心・恕・志ある汗かき人たち-』(ぎょうせい)
  • 『人間関係づくりとコミュニケーション』(第6章・特別講義を執筆・金子書房) ほか

その他